医療風景

TOP > 医師アルバイト > さまざまな医師アルバイト

さまざまな医師アルバイト

イベントの救護スタッフや献血スタッフなど、臨時で人手が必要な場合に医師アルバイト募集が行われます。アルバイトといえども国家資格や医者としての知識が求められますので、一般的な求人誌ではなく、医師求人募集をメインに取り扱っている専門誌やサイトなどに求人情報が掲載されます。

医療業界は慢性的な人手不足を抱えているため、医師アルバイトで働き手を補填して、常勤医師がきちんと休息を取れるようにしている病院もあります。当直などの夜勤を避けたい医師も多いため、夜間対応が可能な医師は需要が高く、報酬も高めの傾向にあります。

現代の医師アルバイト その実態

「医師アルバイト」で検索をすると、専門のアルバイト情報サイトがたくさん出てきます。そのうち一つをのぞいてみると、様々な目的でアルバイトをしている人がいるのが分かります。収入確保、専門性を活かす、家庭・プライベートとの両立、常勤勤務前のつなぎ、開業準備のためなどです。

また、医師アルバイトは専門性が高いため、平均時給が1万円ほどになり、週5日のアルバイトで年収が2000万円になることもあるそうです。専門的なアルバイトとしては日中での外来対応や、夜間の当直勤務、学校・企業での健康診断などの仕事があり、情報サイトによっては非公開求人情報を提供していることもあります。

関連

医師アルバイトのメリットデメリット

女性の社会進出が活発になってきた現在の日本では、働く医師の中で女医さんも増加傾向にあります。しかし、女性であるがゆえに、出産や子どもがある程度大きくなるまでは、医師としての道を諦めなければならないことがあるのも事実のようです。

そんな女医さんに人気なのが、生活と仕事両立ができる働き方、医師アルバイトです。医師アルバイトは、その名の通りアルバイトとして雇われて働くことです。バイトの内容は、例えば健診のアルバイトでは、問診、聴打診はもちろん、胸部X線の読影や乳ガン・子宮がん検査などの専門的なものまで様々のようです。健診アルバイトの時給は最低でも1万円が多いようです。

MENU

TOP 医師求人 検索する医師求人 医師転職 アドバイザーの存在 医師転職で目指すもの 医師募集 医師アルバイト 医師非常勤 美容外科

医師アルバイトは募集する側にもメリットがある

医師というと病院で毎日診療を行っているイメージがありますが、意外にもアルバイト経験がある医師も多いようです。他の病院で当直を担当したり、コンサートの待機医師やスポーツ大会の救護スタッフとして働いたりと、医師アルバイトの業務内容は幅広いです。

近年過酷な労働環境が原因で、うつ病になってしまう医師も多く、社会問題となっています。通常業務と違った新鮮な体験ができたり、臨時収入を稼ぐことができたりと、働く側にとってもメリットが多い医師アルバイトですが、人員が確保できることで休みも交代で取れるので、病院全体の労働環境向上にもつながっているのです。