医療風景

TOP > 医師アルバイト > 医師アルバイトの現状と概要

医師アルバイトの現状と概要

サラリーマンにはイメージとしてわきにくいかも知れませんが、お医者様の間でもいわゆる転職やアルバイト、いわゆる医師転職、医師アルバイトは一般的に存在しています。特に、医師アルバイトは取り立てて珍しいという訳ではなく、多くの医師がバイトを経験しているという統計もあります。

バイトを掛け持ちすると、一カ所で勤務しているとありがちな、人間関係のしがらみに影響を受けないというメリットがあるほか、その地域での患者の特徴を知る、更には他の医師の技術を盗む、幅広い経験を積むことができる等の利点もあり、バイト業界の活況を支える一因となっています。

関連

上手に医師アルバイトを探す

正規雇用の医師として働く人が多いですが、全ての医師が正規雇用で働いているわけではありません。フルタイムの仕事ができない場合、医師アルバイトという形で収入を得ることもできるのです。

常勤ではない医師アルバイトなら、一定期間だけに限定して仕事をしたい、夜間の仕事は避けたいから昼間だけ働きたい、といった希望に合う仕事が見つかります。ただし、希望条件を多く設定してしまうと、条件に合う求人を探すのは難しくなるため注意が必要です。どうしても譲れない条件と、妥協してもよい条件とを決めて、柔軟に考えるようにしなければなりません。

医師アルバイトは給与面が充実

医師アルバイトはもちろん医師が行うバイトです。バイトで医師が出来る、という意味ではなく、医師の本来の勤務先以外の場所で医療行為をしたり待機をしたりするのが主な勤務内容で、例えばコンサートやライブの待機医師であったり、企業の予防接種や健康診断、非常勤として宿当直をしたり、と言った事柄です。

医師ですからお給金も当然高くて、中には日給12万円なんて非常勤もあったりするようです。医師免許は取るまでが大変ですし、医療行為はもちろん大変なお仕事ですから、高額なのも納得です。たた医師不足が叫ばれる中で、激務と言われる本来の業務以外にもバイトをするのはなかなかに厳しいのでは、とも思いますね。

MENU

TOP 医師求人 検索する医師求人 医師転職 アドバイザーの存在 医師転職で目指すもの 医師募集 医師アルバイト 医師非常勤 美容外科

医師アルバイトをする時の注意点

医師アルバイトをするにあたって、注意すべき点がいくつかあります。まず、勤務先の病院が副業を禁止している場合には、当然アルバイトをすることができません。次に、アルバイトとして勤務している時に、医療ミスを起こしてしまうことがないと言い切れません。

勤務先の病院であれば保険が適用されるのである程度安心できますが、アルバイトには保障がありません。そのため、アルバイトするのであれば勤務先以外の病院でも適用される保険に加入しておく必要があります。また、バイトに力を入れすぎると休息する時間がなくなり、無理をすると体調を崩してしまいます。アルバイトはあくまで本業に差し支えない程度にとどめましょう。